« 2021年10月 | メイン | 2021年12月 »

2021年11月

〜 言葉で世界は変わる 〜

2021年11月07日

たった一言、言葉を変えるだけで思いがより伝わったり、
言い回しを変えるだけで印象が大きく変わったり
『言葉のチカラ』は影響がとても強い。。

ビジネスの場でも、
「相手に伝わる教え方はどうしたかいいか」
「伝わるプレゼンをするにはどうすればいいか」
「誰にでもわかるようにシンプルに表現するにはどうすればいいか」など、
言葉選びに苦労することがたくさんあります。
つい、自分の想いだけを勢い余ってぶつけてみたりして、伝わらない事も
多々ありますね。

1266409_s.jpg

ご存知の方もいるかも知れませんが、NYの街のある一人の”盲目の物乞い”のお話です。
言葉の表現を変えたことによって奇跡が訪れます。

道で物乞いをする老人。。。

「私は盲目です。恵んでください。」と書かれたダンボールを置いています。
けれど、コインを恵んでくれる人は中々現れません。
そこに、コツコツとヒールの音を立てて近づいてきた謎の女性が現れます。
かすかに香水の香りがします。
女性は物乞いの隣にあったダンボールを手に取りなにやら書きはじめます。
なにかを書き終え、それを元の場所に戻しました。
そして、女性はその場から立ち去ってしまいました。
しばらくすると、道行く人が次から次へとコインを投げ込む音がします。

「一体、あの女性はなにをしたのか。。。」物乞いは不思議でたまりません。

また、コツコツとヒールの音を立てて近づいてきます。
かすかに先程の香水の香りもします。
目の前で止まる足音、物乞いは「もしや、先程の方ではありませんか」と声を掛ける。

女性は腰を落とすと、物乞いの肩に手をやり次のように答えた。
「ダンボールに同じ意味のことを書いただけよ。 違う言葉を使ってね。」

謎の女性がダンボールに書いた言葉とは・・・

It’s a Beautiful day. and I can’t see it.
(こんなにも素晴らしい日なのに、私には何も見ることができないなんて・・。)

物乞いがはじめに書いたメッセージよりも、一段と感情に訴えかけるメッセージに
変わっていました。

当たり前のように目の前に広がる街の風景。誰しもそのことに価値があること、
素敵な事とは思わず、昨日と同じような日常を繰り返す。
この当たり前の風景は一体どれほどの価値があるのだろうか?それは計り知れない。
そんな感情が違う形で「分け与える」行動に変えさせたのだと思います。

〜 Change your words. Change your world.〜 言葉で世界は変わる。
そんなメッセージを感じられる物語です。

日々の自身の言動を振り返って、相手に共感してもらえる伝え方や言葉を
磨いて✨世界を変えていきましょう!!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 世の中に”完成”なんて無い 〜

2021年11月14日

フッとした時に「これから世の中どうなって行くんだろう・・・」と
誰もが思う瞬間はあると思います。

昔を思い出してみると、”自動”になってきた事がたくさんあります。
自動車・自動ドア・自動販売機・自動改札・自動運転など・・・・。
”昔は、人がやっていた”ことばかりです。

例として物を運ぶ仕事の手段は、過去の昔からどのように変化したきたか、

駆け足 → 馬・荷車 → 自動車(トラック)と変化。。
理由としては、”より早く””より多く”です。
江戸の時代、信書・文書を届ける仕事に”飛脚”という仕事がありました。
飛脚は、江戸と京都の間を、リレー方式の駆け足で”3日”で届けたそうです。
人力です。凄いですね!

1781463_s.jpg

このように便利なものを作り出し、それを活用していくことは、
人にとって実は良いことです。

仕事は奪われるのではなく、人の仕事の”中身が変わる”だけです。
今後開発されている、ロボット化やAIも同じことだと捉えればいいんです。

人々は未来に向かって変貌を続ける・・・
どこまでいっても”完成”にならないんです。

コロナの様に予期せぬ出来事も突然やってきます。
その中で、成長をすること、全く別の姿や形になること、あるいは全く新しいものに
移り変わることなど。。

これからもずっとずーーーーっと”完成”は無く変化していくだけ。
学生時代の世界中の歴史の勉強でもそう習いました。
それに気付いて前向きに対応できる心と力を身に付けていきたいですね!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 好きな言葉は何ですか? 〜

2021年11月20日


「あなたが好きな言葉を10個書き出して。その中で1番好きな日本語は何ですか?」
とある、アンケートの1位に輝いたのが、


ありがとう(有ること難し)✨感謝の心。


目が見え、耳が聞こえるのが当たり前。
手足が動くのが、当たり前。
毎朝目覚めるのが、当たり前。
食事ができるのが、当たり前。
友達といつも会えるのが、当たり前。
生きているのが、当たり前。

誰しも、 今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。
今日、 誰かと出逢い話し笑い食事をして眠りに就き1日を終える。

こんな当たり前だと思うことが、 本当は奇跡の連続という事に
なかなか日々、心からは思えないことが多いかも知れません。

%EF%BC%93%EF%BC%93.jpg
⛄️大阪オフィスのロビーです☆

かん【感】
深く心が動くこと。感動。
物事に接して生ずる心の動き。感じ。
感という言葉は、「物事に接して深く心が動く」ということ。

しゃ【謝】
侘びる。あやまる。【謝罪・陳謝】
ことわる。【謝絶】
お礼を言う。【謝礼・感謝】
お礼やおわびを表す金品【月謝・薄謝】
入れかわる。【新陳代謝】
藉の代用字 いたわる。【慰謝料】

謝の漢字の成り立ちは「言」と「射」でできています。
「射」は矢を放つことであり弓の緊張が解けることを意味する。
言葉に出すことにより、心の緊張が解け温かい気持ちが生まれるということ。

「感謝」とは、物事に接して、深く心が動いたことに対して、
言葉を射る=発するということになります。

毎日の奇跡に・・・・
たくさんたくさん「ありがとう」の言葉を使いましょう!!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 色々なビジネス法則 〜

2021年11月28日

ビジネス法則について、研修であったり、会話であったり
折りに触れて耳👂にしている事もあるかと思います。
「へえ〜」と思う事や、普段の仕事に役立ち改善のきっかけにもなります。

◆限界効用逓減(ていげん)の法則
例えば、物凄くフライドチキンが好きだとします。
一つ目はとても美味しく頂けますが、二つ目は?三つ目は?六つ目は?
だんだん飽きてきます。消費すれば消費するだけ、満足の総量は増えても、
満足度は徐々に減少していきます。この現象を、限界効用逓減の法則と呼びます。

◆パーキーソンの法則
『仕事量』は『与えられた時間』を使い切るまで膨張するというもの。
簡単に言うならば、使える時間は全部使ってしまうということです。
例えば、10日間で完了すれば良い仕事があったとします。
3日で完了する内容だとしても、結局ギリギリまで終わらない…という現象です。
よって短い時間で仕事を終わらせなけれいけないという環境に身を置いたほうが、
仕事のスピードや成長のスピードは速くなるというこということになります。

4639946_s.jpg

◆ピーク・エンドの法則
過去の経験をほとんど完全に、『そのピーク(絶頂)時にどうだったか』
『それがどう終わったか』だけで判定するという法則。
終わりよければ全てよしという諺もあり、その経験のピーク時の感情が大切だということ。
例えば、プレゼンで『いかに山場を盛り上げることができるか』そして
『最後の締め』が後の印象に影響するということです。

◆ランチェスターの法則
中小企業は、ニッチ市場を、強い武器を持って攻略した方がよい。
つまり、兵力で差があるので、一対一で強い武器を持って戦える市場がよいということ。
大企業は、幅広い領域で、その市場のライバルと同等の製品やサービスを提供し、
人員や資金を武器に攻略する方がよい。攻撃力は兵士の数に比例するので、
例えば大規模に広告を打つなど、大きな市場を狙った方が賢明だということです。

もちろん、100%当てはまる事ではないですが、こういったビジネスの法則は
何かを考える時や、新しい事を始める前にポイントとして頭に入れると整理が出来たり
普段の仕事の改善に役立てるヒントになるのでたくさん調べてみましょう!

kokoo0020002010254032538.gif