« 2021年12月 | メイン

2022年01月

~ 2022年🐅 新年明けましておめでとうございます ~

2022年01月01日

いつも、ヒューマン・キャピタル・マネージメントを日々支えて下さっている
社内外の全ての皆様に心から感謝致します。

本年も引き続き 

~ はたらく人の成功をサポートします ~ 


顧客及び市場から信頼され評価されるサービスを提供し、
社会に貢献する人材サービスとして「パブリックカンパニー」を目指します。

45.jpg

◇私たちがそうしてもらいたいと思うような態度で顧客に接します。
◇変化は成長をもたらす新たな機会ととらえます。
◇目標を極めて高く設定し、どんな時でも最善の判断を下します。
◇志の高い人材を集め、共に成長します。

社員一人ひとりの情熱が社会を変える“チカラ”になれるように
会社の基礎からもっと強く「夢」「情熱」「使命感」を持ち、
自分の夢と、そして関わって下さってる人の夢を少しずつ
実現出来る様に、色んな方面からの全てのメッセージを
しっかりと受け止めて、成長して行きたいと思います。
好感度とコミュニケーションを大切にしスタッフさんやクライアント様に
愛され必要とされる企業を目指します。

そして自分を信じる事、最後まで絶対に諦めない事を心に強く誓います。
当たり前の日常を過ごせる日々に心から感謝致します。

皆様にとっても最高の一年となります様に祈念致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

いつもありがとうごうざいます。

〜 伝え方の大切さ 〜

2022年01月09日


2022年スタートしましたね!

けれどまだまだ、先も見えづらく全力で思いきりやる!というより
色んな事に”慎重”に”丁寧に”進んで行く事が大切な様に思います。

ふと、ある企業戦略の話を思い出しました。

ご存知の方もいると思いますが『コカ・コーラが唯一恐れる会社』
飲料メーカーのトップ、コカ・コーラを恐れさせた企業。。。
その企業は、33年前にタイで生まれ驚くべきはその会社が扱ってる商品は、
『たった1つ』の商品で、売上高は約6600億円!
日本のトップ「サントリー」の飲料売上が約1380億円なので、その4.8倍の売れている商品。
元々の市場は日本がトップを走っていて、誰もが知っていて一度は飲んだことがある
「リポビタンD」『疲労回復』をウリにして大ヒット。その「リポビタンD」をマネして
作られたものがレッドブル。
「リポビタンD」の売上は338億円。レッドブルのたった20分の1程。

2816911_s.jpg

『レッドブル』が何故世界トップクラスの飲料メーカーになれたのか??
レッドブルは、普通のメーカーがあたり前にしてしている「生産」と「物流」を辞め、
自社の「工場・倉庫・トラック」を一切持たず全て外注。

普通の大企業が、宣伝を広告代理店に任せているが、レッドブルはそれをせず
創業当時からずっと、売上の“3分の1”を広告費に費やしている。
レッドブルの「キャッチコピー」が決まるまでにかかった期間が「1年半」
マーケティング担当者は、50個以上の案を社長に持っていったが、首を縦に振らず。
 
それまで「エナジードリンク=疲労回復」だったものを「エナジードリンク=エキサイティングな体験」という新たなイメージを作り出すことに成功し、この商品は世界一売れるドリンクに。

とても大事な教訓。同じ商品を作って販売しても、伝え方ひとつで結果は変わる。
「どうやって伝えたら、この商品の価値を伝えられるのか?」

『レッドブル、翼を授ける』
これが、レッドブルを“世界最高の飲料メーカー”にしたキャッチコピー。

商品だけでなく、たった一つの”言葉・伝え方”の威力を忘れてはいけないと。
行動範囲がや自由がまだまだ限られているこの状況。
たくさん考えてどの様に伝えていくか・・・を大切にする一年にしたいと思います!

〜 今年、変わること 〜

2022年01月16日

2022年変わる事。。

ジワリジワリと物価が上昇していて嫌~なインフレ気配が漂ってますね。
2月から3月にかけて冷凍食品やハム・ソーセージなどの値上げが相次ぎます。

22405484_s.jpg

<1月>
・ペーパーレス/最近TVで「会計ソフト」のCMがやたら流れている。
「電子帳簿保存法」が改正。請求書などパソコンのデータで保存しておけばよくなる。
ハンコ不要のペーパーレス化。
・傷病手当金の支給期間の通算化

<4月>
・育児・介護休業法の改正<男性の育児参加が強化>
・民法改正で18歳から成人<お酒やたばこに関する年齢制限は20才〜>
・個人情報保護法の改正<個人の権利意識の高まりや技術革新、グローバル化に対応>
・年金制度改正法年<女性・高齢者の就業促進/多様な形で働く人が増える状況に対応>
・女性活躍推進法の改正<女性活躍に向けた行動計画や情報の公表>
・パワハラ防止法<中小企業でも基準に基づく具体的な防止措置への取り組み義務>

<10月>
・社会保険適用拡大<適用対象が段階的に拡大>

物価上昇でエンゲル係数が発展途上国並みとは・・・これが今の日本の真実。
以前は去年よりも今年、今年よりも来年、良い年になるだろうと希望を持てたのが
厳しい現実を感じる事が多くなってきていますね。
コロナ影響も油断出来ずのスタートになりましたが、1歩ずつでも前進したいと思います!