〜 はたらく意識を高められる仕事 〜

2020年02月23日

人材コーディネーターの仕事は?と問われると、
一番の魅力は、他の業界よりも経験できる<職務>が幅広いこと。
たくさんの業界に携われること。たくさんの方とお会いできること。

コミュニケーション能力(ただ会話するだけでなく、言葉の選び方や文章能力など)
や折衝能力、交渉を進めやすくする相手に合わせた「人間関係を構築できるか」など。
普段から、色んな方に利点を感じて頂き良好な関係性を構築しておく必要があります。
そして、相手に合わせられるかと言う柔軟性も求められます。
もちろん幅広い話題や知見もあった方が、興味を持ってもらえる。
状況に応じた案を提案したり、新しい仕事を創れるチャンスもある。

相手に認められたい、というより、相手に必要とされているか・・・。
その他、多様な働き方を実現する為に、労働基準法改正などの動きにも敏感であること。

IMG_4567.jpg

最も大事なのは、「意識の改革」今回の法改正において、各法を遵守することは
もちろんのこと、それ以上に重要なのが「はたらく意識を高めること」
基本の法律の趣旨を理解し、浸透させるような組織文化を作ることにもっともっと
注力していかなければならない。

ただ単純に、登録スタッフとクライアント双方の要望をマッチングさせることが仕事では
なくなっている。それ以前とそれ以降がとても大切で、そこが難しい。

ヒューマン・キャピタル・マネージメントがきっかけで新しい仕事人生をスタートする人、
それにより企業様の成長にも一端を担える仕事。色んな人と共に自分が成長出来て、
もっともっと自分自身の「はたらく意識を高めて」人に伝えていける仕事だと思います。

kokoo0020002010254032538.gif


〜 マスクの歴史 〜

2020年02月16日

新型コロナウィルス、インフルエンザ、そして・・・花粉症。。
今、マスクは日常で手離せない重要なものになっていますね。

ある、製薬会社の調査によると、ほぼ毎日マスクを使用する人の
割合は着実に増加しています。

歴史をたどると「広義の意味でのマスクが紀元前から用いられていた」という記録あり。
ただ現代人がイメージするようなものが広まったのは、1918~1920年にかけて
流行した「スペインかぜ」がきっかけといわれています。
主に粉塵(ふんじん)から肺を守るために使われていたマスクが、
インフルエンザ対策に用いられるようになり、当時は「マスクをかけぬ 命しらず!」
というコピーを採用したポスターもあり、感染予防をアピールしていたとの事。

ee9371996f04e03cd88b3015c980e7f6_s.jpg

ただ、欧米では、マスクをして街に出ると「強盗をするのでは?」
「やましいことがあるのでは?」「感染性の高い、重い病気なのでは?」と
過度の心配や警戒をされてしまうそうです。また、顔を隠すことは悪人のすること
だという考えもあり、日本人がよくマスクをすることに対して、海外の人は異様だと
感じるといいます。。
確かに、黒やグレー肌色など、白以外のマスクをしている人をフッと見てしまう事も
ありますね。やはり見慣れていないとそんな風になるのあkも知れません。

ヒューマン・キャピタル・マネージメントでも、とても慎重に対応策を考えています。
毎日スタッフさんに来社して頂いている、企業様との打ち合わせも頻繁で出かける事も多く
マスクをしていないと企業内に入れなかったりする事もあります。
「マスクをしていると失礼なのでは・・・」説が逆になってきていますね。

引き続き、全員で慎重に気をつけて予防強化をして行きたいと思います!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 2020年4月から変わること 〜

2020年02月09日

一番は、働き方改革関連法で色々と変わること。
残業時間に上限が出来たり、年5日の有給取得、非正規雇用労働者の待遇改善など・・・
改正出入国管理法の施行に伴い、人手不足が深刻な14業種では外国人を受け入れやすくなる。
(例:介護、外食、建設、ビルクリーニング、農業統合)や社名変更をする企業も多い。
「原材料費」「人件費」「物流コスト」なども上昇する。
生産・管理コストや利益をそのままとすれば、モノの値段は上がるのが理屈です。

東京ディズニーリゾート、チケット値上げ4月から大人700円アップ!
北海道の旭山動物園の入園料が20%値上げ。損害保険大手各社が、
住宅向けの火災保険料アップ!LIXILのトイレ・ユニットバスルーム、
浴室・水栓金具・電気温水器の値段アップ!
その他細かく調べて行くと、愛媛県の温泉施設が36%アップ!などキリがない。
ただ色々、値段がアップする事は良い事も悪い事も表裏一体。。

d7e93ca3be2b32d66f0ab45662526ef0_s.jpg

どうすれば、自分自身も社会に適応し必要とされるか。
自身の能力向上と、それに対する適正な評価を受けれるように努力する事が必要。
世の中の、金額アップ!だけでなく、様々な事がアップ出来る様に前向きに
考えて行動して行く事がより良くなるはずです。

企業様には(労働生産性の向上等)スタッフさんには(期待や働きがいが生まれる等)
双方に、採用面でプラスの効果を感じてもらえるように良い方向に変われる様に
色々と考えて行きたいと思います!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 1人ひとりがしっかりと対策😷 〜

2020年02月02日

新型コロナウイルスに関連した感染症が、中国だけでなく日本やアジア各地、
アメリカ、フランス、オーストラリアなどでも確認されてる。
日本では、流行が認められている状況ではありませんが、風邪や
季節性インフルエンザなどの一般的な感染症予防のためにも、
咳エチケットや手洗いなどを徹底し、ウイルスの感染を防ぎましょう!!

🔹コロナウイルスとは???
発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは
6種類あり、内、2種類が重症化傾向(呼吸器症候群、肺炎)のある疾患の
原因ウイルスでそれ以外の4種類が一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を
占める。これに対する抗生物質やワクチンはないそうです。

🔹感染経路と対策は?
厚生労働省によると、”中国国内ではヒトからヒトへの感染は認められるものの、
ヒトからヒトへの感染の程度は明らかではありません。” とありました。
感染経路がコレと断定できていないようです。
このことから対策としてあげられるのは、手洗い・うがい・アルコール消毒といった
一般衛生が有効。。
さらに、軽い症状で済むからこそのリスクもあると指摘しています。
感染者は症状が軽ければ病院に行かず、感染が発覚しないまま誰にも気付かれずに
周囲に感染を広げてしまうようです。

1825765.jpg

1/30に、世界保健機関(WHO)が「国際緊急事態」を宣言。
これにより、中国における移動と経済活動への制限がさらに強化。
すでに米国企業の多くは中国の事務所を閉鎖し、航空会社は直行便を
キャンセルするといった措置が取られています。

そして、東京オリンピックはそうなるのか?との心配の声も・・・。
まだ、コロナウイルスについては、明らかになっていない事が多く、
国会審議でも議論する材料がないのが現状です。
”安全で確実な東京オリンピックの開催へ、感染症対策は計画の重要な一部。
東京大会は感染症を注視する関係機関と引き続き連携し、必要な対策を検討する。”との事。

今、マスク😷のまとめ買いや街行く人はほぼマスク著用。
予防としては、外出後の手洗い・うがい・消毒用アルコールを使用。
普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。
1人ひとりが出来る対策をしっかりしていきましょう!!

kokoo0020002010254032538.gif


~ 東京オフィス🏢 ~

2020年01月25日

高度成長期には単なる機能的な執務環境だったオフィスは、
今や快適さによって評価される時代の必須のツールとなってきています。

本当に、東京は素晴らしいおしゃれなオフィスがたくさんあります。
日々、企業様を訪問する際にとても楽しみにしていて、オフィス空間について
どんなイメージを持ち、何故このデザインに拘ったか・・・等をお聞きするのも
とても楽しく勉強になります。

IMG_1107.jpg

執務空間をデザインする場合、エントランスを経てオフィスに入った時に
モチベーションが最高になるようなデザインが理想!!
心理的な楽しみと癒しなど、様々な効果を持つ要素が必要です。

そして、オフィスの緑・・・
観葉植物はデザイン要素ばかりではなく、空気清浄効果・視覚疲労緩和効果
湿度調整効果などをもつため、生産性の向上を期待。
その他、アロマの香りと心地よい音楽など。

89.jpg
入口から一望できるオープンなオフィス空間


オフィスだけ素敵でもダメ・・・最後に人のチカラ。
ヒューマン・キャピタル・マネージメントでは、来訪される全ての方に
「来てよかった!」と、感じて貰えるように、記憶に残るようになサービスを追求して
行きたいと思います。

是非、たくさんの皆様のお越しをお待ちしておrます!

kokoo0020002010254032538.gif

~ 働きやすく、愛される会社 ~

2020年01月19日

先日、NHKで放送されていた、着ぐるみの制作企業での働き方改革のストーリー。
社員の輝きで大躍進・・・
女性が働きやすい会社としても表彰されており、働き方改革の先進モデル企業としても
注目されています。

「社員一人一人が、自分の会社を誇りに思い自社製品への愛にあふれている」

同社の従業員の方は全て女性の方ばかり。。
介護、育児、シングルマザー……それぞれに事情を抱えながら、しかし仕事に対しては
プライドを持つ彼女たちが作り出すからこそ、高品質の温かさを持つ着ぐるみが生まれている。
以前は、〆切などや急なお休みで、他の方に負担が掛かったり、家庭との両立に弊害が出て来たり。。

1753373.jpg

それを反映したのが、定刻も残業も休日出勤もなし!育休・産休なども当たり前!という
一律に管理しない労務管理を実現させた。
その分従業員同士の限られた時間内をめいいっぱい活かす為に、アイディアを出し合う、
効率良く、集中して仕事に取り組む。周りを見て、コミュニケーションをたくさん取りながら助け合う。
無駄な残業もなく、しかも結果が出せる仕組み。

時代に合わせ、仕事と家庭の両立のワークライフバランスをテーマに、企業存続の競争も同時進行として今後も色んな新しい事を考えて行かなくてはならない。

ヒューマン・キャピタル・マネージメントも社内外共に、企業様やスタッフさんともご希望を話し合い、
マイナスな発想でなく、~より良くなる為の~ 前提でワクワクと未来の事を話し合って行ける様に
して行きたいです!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 心の健康❤︎ 〜

2020年01月13日

年末年始のまとまったお休みから、さあ!頑張るぞ!の一方で、
早くも仕事が溜まっていて。ストレスの心配も同時進行で
感じている方もいるかもしれません。

「ストレス」は何かと悪者に思われています。
疲れるたび、嫌な気持ちになるたびに「最近、ストレスが多くて……」と、
ストレスを言い訳にし、「ストレスがなければ、どんなにハッピーな毎日が訪れることだろう」とも考えたりする事も少なくないのでは。。。

より良く生きようと思うと現実とのギャップを感じ、何らかのストレスを感じてしまう。
反対に『このままでいい』と思うと今度は満足度が低くなってくる。

やはり仕事を機械的にこなすより、適度なストレスがある方が達成感と幸福感を
感じられて。心が健康的だという。ストレスの程度にもよるが、心の負荷は
乗り越えられた時に達成感をもたらし、ストレスは『生きる幸せを感じさせてくれるもの』
でもあると言われています。

a0b50880faba1121b37dd46d60125c19_s.jpg

『ストレスが全くない生活が、理想的な心の健康状態』とは言えず
大切なのは、疲労と回復のバランスで自分で疲労に気付くこと。
休養という言葉の中にも、休(身体をゆっくり休める)養(趣味や心身をリフレッシュする)
という意味がある。

ある例えとしては、バイオリンの弦のようなもので、弦がピンと張りつめすぎれば
甲高い音しか響かず、ゆるすぎれば濁った音しか鳴らない。良い音を奏でるには、
適度な張りに調整する必要があるとのこと。
体を鍛えるためにも、筋トレやランニングで適切な負荷を与えねばならないのと同じように、
幸福感も適度なストレスがなければ成長しない。

今年も、色んなチャンスとストレスに立ち向かい良い一年になりますように!!

kokoo0020002010254032538.gif

〜 採用の固定概念脱却! 〜

2020年01月06日

本年も、企業様・スタッフさんからたくさんの年賀状を頂きました。
毎年、社員一同とても心から嬉しく感謝の気持ちで一杯になります。
みなさま本当にありがとうございます。お気持ちにお応え出来ます様に
日々一層邁進いたします。どうぞ宜しくお願い致します。

お正月も終わり、そろそろ企業様の中途採用活動や求職者の方のお仕事探しも
本格的に熱が入って来ると思います。
そして昨今の新卒採用に関しては、約8割弱の学生がインターンシップに参加し
(実施企業は約65%)で採用活動の課題は「内定辞退の防止」が5年連続で
1位になっているとの事です。

企業様の採用難は年々悪化するばかりで、厳しい状況が長年続いています。
特に、中小企業や地方都市に本社を構える企業様にとって、採用の難易度は
大都市圏の企業と比較にならないほど高い様です。

IMG_1086.jpg

「ハローワークや転職エージェントに求人を出しても応募が来ない。」
「応募が来たとおもっても、思っていたイメージと違う。」
「新卒を採用したくて説明会に参加してみたが、誰も説明会に参加しなかった。」
「やっとのことで内定を出したが、公務員になりたいといって辞退された。」
等、採用に関する企業様のお悩みの声は尽きません。

「今年、どのポジションに何人採用すべきか」人件費は大きな費用項目なので、
「優秀な人材なら何人でも雇いたい」とも「優秀な人材なら給料に糸目をつけない」とも
ならず、限られた予算の中で人材をやりくりしなくていけないのが現状です。

組織単位の日々の業務の成果か(あらゆる雇用形態を含む)
個人単位の成果を出す即戦力か・・・など業務の見直しと、
定型化された採用方法ばかりを選択する傾向、雇用区分に固執し
採用の柔軟性が失われる固定概念や社会的な慣習を見直し、
現状を受け止め、ゼロスタートから考えて行く工夫がさらに必要になってきます。

その様な内情に切り込み見ながら、双方の歩み寄りながらの可能性を引き出し
求人企業様と求職者の方を繋ぐべく、小さな相談から採用への成功に導きたいと思っています。

kokoo0020002010254032538.gif


~ 2020年🐁 新年明けましておめでとうございます ~

2020年01月01日

ヒューマン・キャピタル・マネージメントを日々支えて下さっている
社内外の全ての皆様に心から感謝致します。
大阪オフィス・東京オフィス共に、さらに飛躍の一年にしたいと思います。

本年も引き続き ~ はたらく人の成功をサポートします ~ 

顧客及び市場から信頼され評価されるサービスを提供し、
社会に貢献する人材サービスとして「パブリックカンパニー」を目指します。

IMG_4622.jpg

◇私たちがそうしてもらいたいと思うような態度で顧客に接します。
◇変化は成長をもたらす新たな機会ととらえます。
◇目標を極めて高く設定し、どんな時でも最善の判断を下します。
◇志の高い人材を集め、共に成長します。

社員一人ひとりの情熱が社会を変える“チカラ”になれるように
会社の基礎からもっと強く「夢」「情熱」「使命感」を持ち、
自分の夢と、そして関わって下さってる人の夢を少しずつ
実現出来る様に、色んな方面からの全てのメッセージを
しっかりと受け止めて、成長して行きたいと思います。
好感度とコミュニケーションを大切にしスタッフさんやクライアント様に
愛され必要とされる企業を目指します。

そして、自分を信じる事、最後まで絶対に諦めない事を心に強く誓って。。

皆様にとっても最高の一年となります様に祈念致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

kokoo0020002010254032538.gif

〜 世界の転職事情 〜

2019年12月22日

どこを歩いていても、Xmasの雰囲気で気分が華やぎますね。。
Xmasも、世界により文化の違いがあります。
日本は、子供の頃は家族と過ごす場合もあるが、多くは恋人や友人と
きらびやかなイルミネーションを楽しむ。
その他、海外の各国はほぼファミリーイベントとして家族や誰かを招き
ホームパーティでゆっくりと過ごす。。

そして、仕事事情も世界によりさまざまです。

日本人と国民性が近いイメージがある【ドイツ】は比較的真面目できちっとした仕事が好き、
それでも、日本と異なり残業はなくそれでいて経済が好調だと言われています。
日本と大きく違う点は「労働時間貯蓄制度」があります。今日1時間残業したら、
翌日は1時間早く帰るといった調整ができる制度。日本のように周りの雰囲気を見て
早く帰れないといったことがないからこそ、「労働時間貯蓄制度」が機能しています。
ヨーロッパは、教育システムと就職が密接に結びついています。
【イタリア】始業は遅め。その分、集中してパワフルに仕事をこなす
プライベート、家族や恋人との時間を大切にし、ダラダラと残業しない。
【フランス】フランスでは労働時間が週35時間と決まっているが、観光立国の為
パリではホテルや飲食店などのサービス残業は多い。

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9.jpg

ヨーロッパは階級社会である点が働き方に少なからずの影響があり、
パン職人や美容師といった「手に職を持つ」仕事は「学歴が必要ない仕事」とみなされ、
その中である程度ステップアップをしても収入や社会的地位が目に見えて高くなるわけでは
ないのです。
イタリアも同様に、出身によりある程度のところまでしか上がれないなど、
ヨーロッパ特有の社会構造がある。その理由で、仕事に精を出して転職と
ステップアップを繰り返し、ステータスを上げていくよりも、無駄な残業はせずに
現状の中で楽しく暮らしていこうとしているのかもしれません。

一方、転職大国【アメリカ】では、転職サポートサービスも充実。
終身雇用という概念がなく、どの企業も通年で採用を行っている。
18歳から46歳の間に平均、11以上(!)の仕事を経験する。
その為、転職サポートサービスが充実。
日本では、無料で登録できる気軽な求人サイトがメジャーですが、アメリカでは、
転職サービスが有料であることが一般的。有料である分サービスは充実しており、
職務経歴書の作成を手伝ってもらったり、個別で面接対策をしてもらったり、
キャリアカウンセリングやコーチングまでしてもらえたり。なかでも職務経歴書が
最重要視される。

そんな中で、日本は、転職が比較的容易。学歴による違いは多少なりともあるものの、
古くから「職業に貴賤なし」という言葉があるように、明確な階級別の職業というものもなく
どの職種も、その道のNo. 1になる事で色んな夢が叶い、多くの人達に夢も与えられる。
もちろん、転職回数があまりにも多いのは企業からの印象がよくないこともありますが、
仕事や職業に対する可能性や未来があるという点では、日本はとても恵まれていると思います。

私達は、1人でも多くの方のお仕事のサポートが出来る様に、求人企業様と求職者の方、
両方の事情を汲み、更に多くの可能性を広げて行きます!

kokoo0020002010254032538.gif