« 2018年02月 | メイン | 2018年04月 »

2018年03月

~ 桜 🌸 ~

2018年03月04日

ここ数日間、一気に暖かさが感じられますね。
思いっきり深呼吸して春のイメージをしていました(笑)

さて、日本における桜の歴史。。。

四月は桜が咲き乱れる季節。
日本の花と言えば桜。
そんなイメージが日本人の大半の方にあるのかなと思います。

歴史上もっとも有名なお花見とされているのは、
西暦1598年4月20日、豊臣秀吉が醍醐寺に700本の桜を
植えさせ、近親の者や、諸大名、その配下など約1300名を従え、
盛大な花見の宴を催した。

京都の醍醐寺は有名な桜の名所として名を馳せています。
お花見が約1200年以上前から続いているとの事。
樹齢約180年と言われている桜も現存しています。

2784977decc4a92a482b7844042be5dd_s.jpg

桜は外交の一環としてアメリカをはじめ、欧州諸国などへ
寄贈されたりしており、桜は英語で“ Cherry Blossom ”と訳されますが、
和名である“ Sakura ”という呼ばれ方も広まっています。
桜は法律などで定められた正式な日本の国花ではないですが
日本の国花の一つとされており、一般的には菊と桜の二つが
主に日本を象徴する花とされています。
菊は天皇家を象徴する花。

変わり行く時代の中で、特に東京の景色は高層ビルに囲まれていきます。
その中で、都会のど真ん中で咲いてる桜を見ると少しホッとします。

桜は儚く潔い有様が美しい・・・。
ほんの一瞬の間だけ咲く桜が、たくさんの人の心に残る、
日本人にとり桜の美しさは特別魅力なのではないでしょうか。
毎年、桜を見て美しいと思える心を大切にし、沢山見れるように
日々期待して街を歩きます!

kokoo0020002010254032538.gif


~ 新しい季節✨ ~

2018年03月11日

この時期、4月から色んな新しいスタートを切る方も多いと思います。
企業様でも、新しい組織・異動、スタッさんも新しい職場探し、未経験の
お仕事のスタート等、ワクワクと不安と・・・・・悲喜交々。。。

もちろん、慣れ親しんだ環境や、バッチリだったチームワークのイチから
構築等、大変な事もありますが”いつまでも永遠”はないので
新しい事にチャレンジするチャンスだと思い!!頑張る季節でもあります。

私達も、親しくさせて頂いた方々とのお別れ、そして新しい出会いもある
刺激的な日々です。
仕事の中身も立場も少しずつ少しずつ・・・・変化に対応して行かないと
脳が発達しません(笑)

最近、苦戦している身近な事は・・・・・

mac2.png
💻 今まではsurface、新しい仲間のMacBook Air(会社から・・・)💦両方使いこなせるように。

長年、Windowsに馴染んてきた所にある日、MacBook Airが舞い降りて来ました。
操作性が大きく違う、ショートカットキー。
フォント設定でWindowsでは明朝体がMacではヒラギノです。

「・・・・・????」

使いこなせる様に、早く慣れる様に悪戦苦闘中です。。

mac1.png
💻PowerPointからkeynoteに慣れる為、孤独に画面とにらめっこ。世界一わかりやすい(・・?

Macはやはりカッコイイです❤


新しい事を始める、環境が変わる・・・大変ですよね。

弊社スタッフさんが、新しい環境で新しい人達に囲まれて、新しい色んな事を
スタートする不安な気持ちを少しでも軽減して頂ける様に、私達が出来る事を
もっともっと考えて行きたいと思います。
事前の気になる情報提供だったり、スタートしてからもご相談してもらえるように
少しでも改善出来るように、色んな職種の事や企業様の環境等しっかりと
勉強して行きたいと思います!

企業様も、新しいスタッフさんの為に、良い環境をつくって下さったりお仕事の
ご指導をして下さったり最大のご協力をして頂いています。

ヒューマン・キャピタル・マネージメントのスタッフ様、受け入れて下さっている企業様
本当に日々有難うございます。
私達も、満足して頂ける様に頑張ります!宜しくお願い致します。

kokoo0020002010254032538.gif

~ 未来を変える、ミス😢した時の心構え ~

2018年03月18日

新しい仕事をスタートして、なかなか覚えられない。
ミスが多く自信を無くしている。
新しい組織の中で、中々馴染めない。

色々と上手く行かなかったり、失敗したり・・・・。

よく仕事は学生気分では務まらないと言います。
それは、学びにだけ行く所ではなく、稼ぎに行く所だからです。
別の言い方をすると社会に貢献をする為と言えます。

2f3670bd9845e7ed351a1e481266029b_s.jpg

何故なら、会社が存続する理由は世の中の役に立っているからです。
会社で働くというのは、必然的に社会貢献をしていると言えます。

毎日の積み重ねや、今の努力が目的とする未来へ繋がっていると
感じられているか。
今行動していることが理想とする未来や夢と繋がっていると分かれば、
仕事の失敗も、人間関係も、今の環境に不満を感じて嫌と思うなら、
今までとは違う行動をすることで結果を変えていくことが重要。。
自分が動かなければ、結局何も変わらないことを知る事。

ただ、失敗は自分と向き合うカギとなり方向性を修正する役割を担っている。
失敗からくる感情が痛みを伴うので、失敗に対して悪のように
思ってしまいがちですが、そうではなく失敗からは学びが深いのです。

ただ、失敗ばかりを意識してしまう原因は何か?

◎仕事に入るまでの準備不足質
◎反省はするけど具体的な対策を実行しない

その事を自分でしっかり受け入れ次に活かす。

a21a4da4797ebfa59fbaf4915e9c63c8_s.jpg

人間関係についても、そのことで頭がいっぱいになり視野が狭くなって
しまいがちな事もあるので、つい忘れがちな『人の温かさ』を思い出して
自ら動いて見る。笑顔で挨拶したり、何か小さなきっかけを作ったり。

私も、たくさん失敗します。言葉であったり行動であったり大切な事を忘れて
しまったり・・・。
スタッフさんにご相談された時に、少しでも状況を一緒に冷静に考えて
落ち着いて、現状況に最善な事をアドバイス出来る様に心掛けたいと思います。

kokoo0020002010254032538.gif




~ 人材業界 100年史  ~

2018年03月25日


歴史を辿ると、1880年代に新聞広告の一分野として生まれた求人広告。。
新聞広告の多くは「営業社員募集、委細面談」という感じの3行程度の広告。
そこから徐々に求人専門情報誌に市場が移行して行く。

1980年以降、バブル景気の影響もあり、情報誌はアルバイト専門や女性専門、
技術者専門、技能・サービス職専門などに細分化。その当時はペーパーメディア
全盛期。求職者への情報流通が、書店や駅売店、コンビニエンスストアに限定され
数百円で情報誌を買うという時代。
2003年頃には情報誌の反響数をインターネットが追い抜くスピード感。

b58705536e0888b6ea571af4885f453a_s.jpg

そして、中途採用市場において見逃せない21世紀以降の変化は、
1999年の有料職業紹介事業の規制緩和。
人材紹介サービスは、なんと江戸時代から存在していた。。
参勤交代や、武家の次男以降の仕事を斡旋するために発達したと言われている。

ただ、日本国内の職業安定政策だけでは、市場をコントロールすることが難しく
長らく採用側起点に成長してきた業界だが、求職者起点となっている現在。

これからも企業が取り巻く採用・人材管理環境への課題は増えて行く。
そのなかで人材ビジネスが与える価値も変化し続けていくことが大切。

fe9d93c78fb3d404f2b248b6bece81f5_s.jpg

日本の人事は海外に比べ5年は遅れている、という声を聞いたりするが、
この差はいつ頃から開いていったのか。。。
欧米は国の成り立ちとして様々な国から移民が入ってきている中で、
人の活用や組織運営に対して研究する文化がある事に対し、
日本は同一性が非常に強く、現在でも「終身雇用/年功序列」をベースとした
人事の仕組みがまだまだ多く見られる。

今後も続いていく人材難を前に、企業が取り巻く採用・人材管理環境への
課題は増えて行く中で、人材ビジネスが与える価値も変化し続けていくことが必修。
求人企業様と求職者の方の距離が少しでも縮まる様に、日々色んな情報を仕入れ
頼りにして頂ける様に、努めていく事を心して行きたいと思います。

kokoo0020002010254032538.gif