« 2020年08月 | メイン | 2020年10月 »

2020年09月

~ 大阪オフィス🏢コーディネーター <中編> ~

2020年09月05日

こんにちは!
ヒューマン・キャピタルでコーディネーターをしておりますTと申します。
まだまだ暑い日🌞が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?

ヒューマンでは、この夏クールビズ対策としてポロシャツ👕が配られました。
私はこのポロシャツをとても気に入っていて、着ると動きたくてウズウズしています!

IMG_6200.jpg

というのもコーディネーターのお仕事と両立して、チアリーディングのコーチを
しているからです!
チアでは熱く大声を出し汗だくで動き回り、ヒューマンでは笑顔で真摯に
登録スタッフの方々のお声を拝聴出来る様、【襟】を正しています。
(、、、少し熱苦しい部分が漏れ出していたらすみません(汗))

両立出来る働き方を理解してくださる会社に感謝すると共に、尊敬出来るメンバーと
一緒にお仕事出来る環境に改めて感謝している今日この頃です。

IMG_6199.jpg
😷左の白いマスクの方がTさんです!

面談時に皆様のお話を伺い、仕事に対する様々な考え方や生活において
大切にされている点が十人十色でいつも新たな気付きと刺激をいただいています。
また、契約時にはお仕事が決まられたスタッフ様に再会出来る事もあり、
このお仕事の一番嬉しい瞬間を味わっています。

スタッフ様がご希望やご相談事を安心してお話しいただける環境作りを目指し、
これからも尽力して参ります!!よろしくお願い致します💪

♡・・*・・♡・・*・・♡・・*・・♡・・*・・♡・・*♡・・*・・♡・・*・・♡・・*・・♡・・*・・♡・・*

OSAKAコーディネーターの中で、一番熱くて、大きな声で、素晴らしい笑顔の持ち主の
Tさんです!今は、コロナ影響やうだるような暑さで外出が大変ですが、もう少し
色々なことが落ち着いたら、是非Tさんと実際の対面でお会いして✨魅力を感じて欲しいです。
会うだけで、元気がもらえて幸運が舞い込んでくる気持ちになります!

kokoo0020002010254032538.gif


〜 鍵 〜

2020年09月12日

先日、本屋で立ち読みした「ナスルディンのカギ」
という有名なお話。。

あるところに「ナスルディン」という男がいました。
ナスルディンは、自宅の前で這いつくばって「探し物」をしていました。
そこに友人が来て「何を探しているんだい?」と尋ねました。
するとナスルディンは「カギだよ」と答えます。
それは大変だと、友人も膝をついて一緒に探します。
しかしなかなか見つかりません。。。
友人は「どこでカギをなくしたのか」と聞きました。

ナスルディンは「家の中だよ」と答えました。
友人は「それなら、なぜ外で探しているんだ?」と聞くと
「家の中よりも明るくて探しやすいからさ」とナスルディンは答えました。
というお話です。

ほとんどの人が「????」と思いますよね。
「家の中でカギをなくした!」のであれば家の中で探すはずです。
「家の中は暗いから」という理由で外で探すというのはわけがわかりません。

けれどこれは「私たちもやっていること」です。。

1847003_s.jpg

ビジネスは「顧客が欲しいと思うものを届ける」ということが前提。
しかし「自分たちが良く知っている領域」だけで考えようとしてしまってないですか?

「顧客のことがよくわからない」=「暗い家の中」
「自分たちの商品、得意領域」=「明るい家の外」ということです。

普段、当たり前のように「家の外でカギを探す」ことしかしていない場合が多く
知っていることだけ、見つけやすいことだけに偏っていませんか。
新たな価値は「暗い家の中」にあるはずです。
”探し物”を見つけ出すには、自分の内面から手をつける必要がある。
鍵となるものは自分の内にあるのに、”自分の外側にあるもの”に求めていては、
いつまでも見つからない。

自分の常識は時代の変化に合っているのか・・・そんなところから
扉を開ける「鍵」が見つかるかも知れません!

kokoo0020002010254032538.gif

~ 新時代の働き方 ~

2020年09月20日


コロナ後、働き方が急激に変わり、テレワークが進む中移動コストも軽減し、
オフィス運営にかかるコスト削減も拍車がかかっていたり、コロナウイルスが
収束した後も、「週に2~3日、(勤務日の)50%程度を在宅勤務にする」方針を
発表している企業も多数あります。
お取引きさせて頂いている、企業様の中でもテレワーク勤務も増えて来ました。

アウトソーシング業界やIT業界が発展し、単純な事務作業がどのくらい残るのか・・・
「仕事ができる人」の定義が「幅広く業務に対応でき、調整ができる人」。。

そして、どの企業も採用を縮小し始めている一方で、今後の日本の社会環境を考えると、
会社には優秀な人材が引き続き必要です。
そのため各企業では、本当に優秀な人材だけを採用する“厳選採用”の取り込みに
力を入れ始めています。

8731.jpg

もちろん、どんな会社だって潰れる可能性があり、
どんな仕事だって突然無くなる可能性があります。

今後について多くの方が、
「コロナはやがてワクチンが開発され現在の脅威が無くなる日が来るとは思います。
しかし、コロナ前と全く同じ状態には戻らない。」との事。

新しい生活への転換を求められ、受け入れて行くしかない。

雇用形態に限らず、みんなが価値ある仕事に集中し、生産性を高めて行けるように
仕事の質を見直さないと、ますます生き残れない時代になりつつあります。

「コロナ・ショック」を「コロナ・チャンス」にひとり1人が変えられる様に!
今に集中し、未来に向かって挑戦して行きたいと思います!

kokoo0020002010254032538.gif


~ アナログでも、オシャレで楽しめるモノ ~

2020年09月27日

印鑑&FAXなし!や、名刺もスキャン後はほぼ、見なくなります。
どんどんと、デジタル化されていく中で、アナログのままでも充分なモノ。

手帳や文房具はその分類と言えます。
オフィス環境の変化が急速に進み、「団体消費→個人消費へ」
経費削減で備品購入のカットで、オフィスカジュアルもさらに増え、
個人で自分の好きな文房具を選ぶ機会がも増えてきましたね。

文房具は、機能も優れていて、楽しくて、面白くて可愛い♡など、
雑誌やTVでも特集が取り上げられる機会も多くなりました。
駅のお土産屋さんにもパッケージは文房具で中身がお菓子など、
デザイン性やアイディアも無限・・・・。
高価でなくても、小さな幸せを味わえるのも魅力かもしれません。
そして、ちょっとしたプレゼントにも最適です!
海外のメッセージカードや文房具は色使いがとてもステキなものも多く、
何時間見ていても飽きませんね。

✍先日、頂いた文房具??👇梅色&わさび色?

IMG_6112.jpg

これ、実はふりかけ。私がお弁当🍱を食べている事を覚えていてユーモアも
交えてプレゼントしてくれました!ありがとうごうざいます!
珍しくて、面白くて、周りもほっこり幸せな気持ちになります。

あと、記入する手帳も無限の楽しみがありアナログです。
来年の手帳売り場も、沢山の人が集まっています。
カフェで手帳を広げている姿を見て、カフェと文房具は親和性が
高いと思い付き「文房具カフェ」なるものを運営している企業もある程です。

日々使用している身近なモノを、デジタル化かアナログのままの方が良い物
空き時間に、自分の”アイディア”を考えて見るのもいいですね。。

kokoo0020002010254032538.gif