« 2019年12月 | メイン | 2020年02月 »

2020年01月

~ 2020年🐁 新年明けましておめでとうございます ~

2020年01月01日

ヒューマン・キャピタル・マネージメントを日々支えて下さっている
社内外の全ての皆様に心から感謝致します。
大阪オフィス・東京オフィス共に、さらに飛躍の一年にしたいと思います。

本年も引き続き ~ はたらく人の成功をサポートします ~ 

顧客及び市場から信頼され評価されるサービスを提供し、
社会に貢献する人材サービスとして「パブリックカンパニー」を目指します。

IMG_4622.jpg

◇私たちがそうしてもらいたいと思うような態度で顧客に接します。
◇変化は成長をもたらす新たな機会ととらえます。
◇目標を極めて高く設定し、どんな時でも最善の判断を下します。
◇志の高い人材を集め、共に成長します。

社員一人ひとりの情熱が社会を変える“チカラ”になれるように
会社の基礎からもっと強く「夢」「情熱」「使命感」を持ち、
自分の夢と、そして関わって下さってる人の夢を少しずつ
実現出来る様に、色んな方面からの全てのメッセージを
しっかりと受け止めて、成長して行きたいと思います。
好感度とコミュニケーションを大切にしスタッフさんやクライアント様に
愛され必要とされる企業を目指します。

そして、自分を信じる事、最後まで絶対に諦めない事を心に強く誓って。。

皆様にとっても最高の一年となります様に祈念致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

kokoo0020002010254032538.gif

〜 採用の固定概念脱却! 〜

2020年01月06日

本年も、企業様・スタッフさんからたくさんの年賀状を頂きました。
毎年、社員一同とても心から嬉しく感謝の気持ちで一杯になります。
みなさま本当にありがとうございます。お気持ちにお応え出来ます様に
日々一層邁進いたします。どうぞ宜しくお願い致します。

お正月も終わり、そろそろ企業様の中途採用活動や求職者の方のお仕事探しも
本格的に熱が入って来ると思います。
そして昨今の新卒採用に関しては、約8割弱の学生がインターンシップに参加し
(実施企業は約65%)で採用活動の課題は「内定辞退の防止」が5年連続で
1位になっているとの事です。

企業様の採用難は年々悪化するばかりで、厳しい状況が長年続いています。
特に、中小企業や地方都市に本社を構える企業様にとって、採用の難易度は
大都市圏の企業と比較にならないほど高い様です。

IMG_1086.jpg

「ハローワークや転職エージェントに求人を出しても応募が来ない。」
「応募が来たとおもっても、思っていたイメージと違う。」
「新卒を採用したくて説明会に参加してみたが、誰も説明会に参加しなかった。」
「やっとのことで内定を出したが、公務員になりたいといって辞退された。」
等、採用に関する企業様のお悩みの声は尽きません。

「今年、どのポジションに何人採用すべきか」人件費は大きな費用項目なので、
「優秀な人材なら何人でも雇いたい」とも「優秀な人材なら給料に糸目をつけない」とも
ならず、限られた予算の中で人材をやりくりしなくていけないのが現状です。

組織単位の日々の業務の成果か(あらゆる雇用形態を含む)
個人単位の成果を出す即戦力か・・・など業務の見直しと、
定型化された採用方法ばかりを選択する傾向、雇用区分に固執し
採用の柔軟性が失われる固定概念や社会的な慣習を見直し、
現状を受け止め、ゼロスタートから考えて行く工夫がさらに必要になってきます。

その様な内情に切り込み見ながら、双方の歩み寄りながらの可能性を引き出し
求人企業様と求職者の方を繋ぐべく、小さな相談から採用への成功に導きたいと思っています。

kokoo0020002010254032538.gif


〜 心の健康❤︎ 〜

2020年01月13日

年末年始のまとまったお休みから、さあ!頑張るぞ!の一方で、
早くも仕事が溜まっていて。ストレスの心配も同時進行で
感じている方もいるかもしれません。

「ストレス」は何かと悪者に思われています。
疲れるたび、嫌な気持ちになるたびに「最近、ストレスが多くて……」と、
ストレスを言い訳にし、「ストレスがなければ、どんなにハッピーな毎日が訪れることだろう」とも考えたりする事も少なくないのでは。。。

より良く生きようと思うと現実とのギャップを感じ、何らかのストレスを感じてしまう。
反対に『このままでいい』と思うと今度は満足度が低くなってくる。

やはり仕事を機械的にこなすより、適度なストレスがある方が達成感と幸福感を
感じられて。心が健康的だという。ストレスの程度にもよるが、心の負荷は
乗り越えられた時に達成感をもたらし、ストレスは『生きる幸せを感じさせてくれるもの』
でもあると言われています。

a0b50880faba1121b37dd46d60125c19_s.jpg

『ストレスが全くない生活が、理想的な心の健康状態』とは言えず
大切なのは、疲労と回復のバランスで自分で疲労に気付くこと。
休養という言葉の中にも、休(身体をゆっくり休める)養(趣味や心身をリフレッシュする)
という意味がある。

ある例えとしては、バイオリンの弦のようなもので、弦がピンと張りつめすぎれば
甲高い音しか響かず、ゆるすぎれば濁った音しか鳴らない。良い音を奏でるには、
適度な張りに調整する必要があるとのこと。
体を鍛えるためにも、筋トレやランニングで適切な負荷を与えねばならないのと同じように、
幸福感も適度なストレスがなければ成長しない。

今年も、色んなチャンスとストレスに立ち向かい良い一年になりますように!!

kokoo0020002010254032538.gif

~ 働きやすく、愛される会社 ~

2020年01月19日

先日、NHKで放送されていた、着ぐるみの制作企業での働き方改革のストーリー。
社員の輝きで大躍進・・・
女性が働きやすい会社としても表彰されており、働き方改革の先進モデル企業としても
注目されています。

「社員一人一人が、自分の会社を誇りに思い自社製品への愛にあふれている」

同社の従業員の方は全て女性の方ばかり。。
介護、育児、シングルマザー……それぞれに事情を抱えながら、しかし仕事に対しては
プライドを持つ彼女たちが作り出すからこそ、高品質の温かさを持つ着ぐるみが生まれている。
以前は、〆切などや急なお休みで、他の方に負担が掛かったり、家庭との両立に弊害が出て来たり。。

1753373.jpg

それを反映したのが、定刻も残業も休日出勤もなし!育休・産休なども当たり前!という
一律に管理しない労務管理を実現させた。
その分従業員同士の限られた時間内をめいいっぱい活かす為に、アイディアを出し合う、
効率良く、集中して仕事に取り組む。周りを見て、コミュニケーションをたくさん取りながら助け合う。
無駄な残業もなく、しかも結果が出せる仕組み。

時代に合わせ、仕事と家庭の両立のワークライフバランスをテーマに、企業存続の競争も同時進行として今後も色んな新しい事を考えて行かなくてはならない。

ヒューマン・キャピタル・マネージメントも社内外共に、企業様やスタッフさんともご希望を話し合い、
マイナスな発想でなく、~より良くなる為の~ 前提でワクワクと未来の事を話し合って行ける様に
して行きたいです!

kokoo0020002010254032538.gif

~ 東京オフィス🏢 ~

2020年01月25日

高度成長期には単なる機能的な執務環境だったオフィスは、
今や快適さによって評価される時代の必須のツールとなってきています。

本当に、東京は素晴らしいおしゃれなオフィスがたくさんあります。
日々、企業様を訪問する際にとても楽しみにしていて、オフィス空間について
どんなイメージを持ち、何故このデザインに拘ったか・・・等をお聞きするのも
とても楽しく勉強になります。

IMG_1107.jpg

執務空間をデザインする場合、エントランスを経てオフィスに入った時に
モチベーションが最高になるようなデザインが理想!!
心理的な楽しみと癒しなど、様々な効果を持つ要素が必要です。

そして、オフィスの緑・・・
観葉植物はデザイン要素ばかりではなく、空気清浄効果・視覚疲労緩和効果
湿度調整効果などをもつため、生産性の向上を期待。
その他、アロマの香りと心地よい音楽など。

89.jpg
入口から一望できるオープンなオフィス空間


オフィスだけ素敵でもダメ・・・最後に人のチカラ。
ヒューマン・キャピタル・マネージメントでは、来訪される全ての方に
「来てよかった!」と、感じて貰えるように、記憶に残るようになサービスを追求して
行きたいと思います。

是非、たくさんの皆様のお越しをお待ちしておrます!

kokoo0020002010254032538.gif