« 2020年02月 | メイン | 2020年04月 »

2020年03月

~ 方向性は同じで、個性を活かす ~

2020年03月02日


もし人間がみんな同じ顔をして、同じことしかしていなければ気味が悪い。
色々な人がいて、いろいろなことを考えて、色々なことをしている。
誰ひとり同じ人間はいない。百花繚乱という言葉がありそれが自然の姿というもの。

松下幸之助さんは、次のように言っていた。

「会社でもそうやな。従業員にいろいろな人がいないとあかんわけや。
同じ人ばかりでは、全体として面白くない。それに会社としても強くなれない。」

「昔話で桃太郎というのがあるやろ。猿とキジと犬。みんな違うわね。
違うから、それぞれの役割が生まれ、違うから鬼退治ができたわけやね。
それと同じように、会社にもいろんな人がいないとあかんな。まあ個性を持ったというか、
特徴を持ったというか、そういう人の集まりにすることが大事といえるね。」

戦国武将の武田信玄は、生涯自国に城というものを築かず、
「人は石垣、人は城」という考えに徹して人を重視し人を最大限に活かして地歩を築いた。
人を使うについてこういうことを言っている。

「自分は部下に釣り合いということを考えている。たとえば馬場信房は寡言で気位が高い。
だから、よくしゃべり物事をてきぱきとやる内藤昌信と組ませる。山県昌景は性急で、
敵を見ると自分の軍勢だけでも攻めかかるようなところがある。そこで高坂昌信のように、
まずじっくり考えてから行動する者と一緒に働かせる。強情な者には柔和な者を組ませれば、
水と火とが物を煮るようにうまくいくものだ」

331017bac59270df6c48105d577f5d5e_s.jpg

組み合わせが重要・・・・
ただし重要なのは、会社のルールをしっかり意識し同じ方向を向く。

ひとつの方向があるから、はじめて個性が発揮できる。
会社でいえばそれが経営方針であり、基本理念ということになる。
会社に経営理念があって、それがビシッと一本、社員の中に通っていればこそ、
はじめてみんなそれぞれに個性を発揮できる余地が生まれてくる。

桃太郎もはじめは、一人で鬼退治に行こうとしていた。
しかし、旅の途中で、犬・猿・キジと出会い、きびだんごを渡して仲間になってもらいます。
桃太郎はその三匹の力を借りて、それぞれの役割を十分に発揮して鬼退治に見事成功する。

今の場所で、自分から何か変えれる事は無いか?自分の立場は?すべき事は?
先ずはそう考える自分、そして自分の周りに1人でもそんな人が多くいる事が
幸せに近付けるチャンスなんだと思います。

kokoo0020002010254032538.gif

〜 川を上れ、海を渡れ! 〜

2020年03月08日


まだまだ継続中のコロナ感染症問題。。

「出来るだけ行かない方がいい場所」なども具体化され
厚生労働省のサイトでは「新型コロナ、今拡げないために」と題した
自粛の画像ポスターも掲載されています。

ライブハウス、スポーツジム、カラオケ、ビッフェスタイルの会食など、
「人が集まる風通しの悪い場所」「人と人が至近距離で会話する場所やイベント」
へは行かない様に呼び掛けていますが、あまりに自粛すると経済が落ち込み
コロナショック以上の悪影響を社会に与えてしまう事も懸念されています。

毎日決まった様に、朝から夜のニュースや記事はコロナ問題一色。
大学では、一生に一度の卒業式や入学式の取り止め、各種セミナーの中止など。
引き続き、マスクは買えず、ティッシュやトイレットペーパーも品薄。。
少しでも不安な気持ちを落ち着かせる様に、ニュースを見る、本📗を読む時間が
増え、日々を見つめ直す時間も増えます。
今の新しい事を取り入れると同時に、歴史を振り返る事もとても勉強になる。
歴史は現代を考えること、人間を考えること、そして、未知のものへの理解を深めること。
特に、戦国武将時代の歴史はとても勉強になる。

14adc3b47da57d9698e098601039c4db_s.jpg

「川を上れ、海を渡れ!」と言う言葉。

「川を上れ」というのは、歴史を遡って学べという意味。歴史を追い、学ぶことで、
社会はどんなふうに動くのか、そのとき人間はどんなふうに行動するのか、
その本質が見えてくる。「海を渡れ」というのは、海外の事例や経験を学び、
生かそう、ということ。
現状に留まらずとにかく前に進むには、過去を振り返る事と新しい事を取り入れる事。
この時期に、出来る事を、もっともっと出来る事はないかと考えて行きたいと思います。

kokoo0020002010254032538.gif

〜 社内ミーティング🍷 〜

2020年03月15日

新型コロナ影響で仕事関連でも色々とあり、300人規模のイベントから
1対1のアポイントまで、大小問わず影響が出ています。
どこの企業様も、年度末で会社にとっては大事な時期。。
来年度を見据えた会議も多く安易に中止に出来ず、電話会議やテレビ会議などが
とても増えています。
特にBtoC向けサービス業などは、キャンセルが相次いでいるためなどの理由で
営業自体ができなくなったり。。
そして大人数での飲み会、不要不急の飲み会は自粛してください!との
お達し出ていて、社内の会議室でケータリングで、歓送迎会をやる予定!
という話も多く聞きました。

新幹線も、乗車率が落ち込んでおりかなりガラガラです。格安チケットのお店の方も
「さっぱり売れない・・・」と嘆いていらっしゃいました。

FullSizeR.jpg

ヒューマン・キャピタル・マネージメントでも、やはり夜の飲み会は自粛中。。。
ただこの状況が長引いてるので、社内で少しだけささやかにミーティングを兼ねて
食事会をし色んな話しをしました。

様々な業界で打撃を与えているコロナウイルスですが、ピンチはチャンス!と捉えて
これを機に需要が高まっている業界もあると思います。
例えば、オンラインサービス。
オンライン授業・面接・説明会・ミーティング・ネットスーパー・動画配信サービスなど。
私達も何か今出来ること・・・を考えしっかりやって行きたいと思います。

そして、オリンピックはどうなるのか。本来ならどんどん開催日までの楽しみの高揚感や
各種イベント、東京では特にそんな盛り上がりでワクワク出来る時期に・・・。
こんな気持ちでオリンピック本番だけをとりあえず行う・・・という感じも違和感も
ありますが。とにかく1日でも早く終息し、活気ある日々を取り戻せたらと思います。

kokoo0020002010254032538.gif

〜  女性㊛の名刺 〜

2020年03月22日

毎日、たくさんの名刺交換をさせていただいてる中で、
やはり東京vs大阪では、女性の名刺の数は圧倒的に東京勝利㊗️
役職も、社長や部長やリーダーなど決定権のある役職ばかり✨

今後も、企業にとって女性を活躍させるべき理由は・・・。

◆人材不足社会の到来に向けて、質のいい人材を多く確保しておく。

戦後は人口が増加傾向だったのが、2008年に1億2,808万人というピークに達した以降、
今は減少傾向。。。2050年には人口が1億人を切り、2060年には生産年齢人口
(15~64歳。労働力となる年齢層)がピーク時の半分になると予測。。
これまでの企業活動を、今の1/2の人数で回さなくてはならない時代が必ず来る。

◆成果と部下の満足度をもたらすリーダーを確保するために
実は、組織を率いるリーダーとしても女性は適してるとの事。ある研究で、
リーダーシップの資質のうち組織の成果と部下の満足度を上げるには、
女性が男性を上回ることが分かっているとの事。女性は組織の成果だけでなく、
部下の満足度を同時にもたらすリーダーになる可能性が高い!
男性的な力強さに加えて優しく協調的な側面も同時に期待される為との事です。

IMG_0050.jpg

女性も、もし長く仕事を続けるつもりであれば、管理職に昇進したほうが合理的。
プレイヤーだけでは労働時間が長いだけで、管理職であれば自分で決定できる範囲が
大きくなり、自分が昇進しなければ同期や後輩が先に昇進して上司になったりする💀

どうしたら必要とされるか、キラキラした名刺を持ち続けられるか・・・。
過信せず、自分の事を知る事がまず一番で(基本の、体力面・性格面)をしっかり見て
足りない所は何か考え(普段人から言われる事、失敗した事、それを補う為には?
努力すべい事は?と。。)どうすれば自分を魅力的に演出出来て、相手にとって
良い印象や、仕事に繋がるか。

この時期、自分と向き合える時間がいつもより増えているチャンスをしっかり活かせる
様にしたいですね。

kokoo0020002010254032538.gif

〜 春🌸 〜

2020年03月29日

もうすぐ4月。。。新しい環境で、期待や希望に胸ふくらむ春。
色んな、スタートを楽しみにしたいた人の気持ちが届かず・・・の2020年春。。
コロナウィルスの多大な影響。

春は、寒い冬から気温が上がり始め、朝晩はまだ肌寒さは少しあるが、
日中は暖か日もあり、一年の中では最も気候の良い穏やかな季節。
淡いピンク色の桜を見ると心が華やぐ。

雪や氷が溶け、植物が新しい芽を出す時期。寒さが緩み、草木が萌え芽ぐみ、
花々がつぼみをつけ、満開になる。日が永くなり地中の虫も動き始める。

4bdeab19d53178fb5fe270299b4b12b2_s.jpg

日本は、桜の季節3月が年度替わりとされていて様々な区切りとなる事が多い。
(法律や制度の改革が実施されたり、合併などこの時期は大きな節目となる)
卒業式や入学・入社式、あるいは人事異動など、一般的に、イベントも多く
出会いと別れの季節。

仕事で関わる色んな方とも、普段とは違う会話や内容など都度都度の
判断や対応を求められたり、お願いをしたり。

まだまだ予断を許さない状況で、気持ちも新しい事も出来ず凍結し
寒い冬が長引いている今、出来る事は何か?無いか?と、考える時期。。
予想だにしなかった事が起こった時に、どう考え、対応するか。

日々暗い話題ばかりで、何一つ解決策は見えないですが、
「このピンチをどうやって打開して新たなステージに上がっていくのか」という
未来への希望を絶やさず、でも過信しないで立ち向かってみんなで乗り越えて行きたいと
思います!

kokoo0020002010254032538.gif